不動産お役立ち情報サイト

不動産投資でインフレに備える!

不動産投資でインフレに備える! インフレとは物価が上がるというイメージがありますが、同時に通貨の価値が下がるという意味でもあります。少し極端な例ですが、仮に2%の物価上昇率が10年間継続した場合、計算上は現金の価値はおよそ8割に目減りします。また、30年間続けば約55%にまで減少します。このように、物価上昇中に現金を持っておくことは、実は損をしているということを知っておきましょう。
では、物価上昇時に何をすべきかというと不動産投資です。実は、お金の価値が下がっている状況では、現金の価値だけでなく株式などの有価証券の価値も目減りします。そこで、株式投資などはあまりふさわしくありません。一方、不動産価格は物価と連動していますから、その価値は上昇します。また、賃料も上がります。したがって、インフレ時は不動産投資で得られる家賃収入や売却益を増やせるチャンスというわけです。
また、物価が上昇すると賃金も連動して上昇するため、ローンの返済が行いやすくなります。インフレ時に不動産投資が有利と言われる理由は、こうした事実によります。

定住目的の不動産だと固定資産税が大変…

定住目的の不動産だと固定資産税が大変… 不動産は、定住目的で所有している場合には固定資産税が大変になることもあります。固定資産税とは、固定資産の所有者に課税される地方税のことを指します。賃貸マンションに住んでいる人は支払う必要はなく、家主が支払うことになります。毎年1月1日時点で不動産を所有している人が納税義務者となります。
支払いの期日は、年4回に分かれており4回に分けて支払います。具体的な期日については、各市町村の自治体によって違いますので問い合わせを行っておいたほうが良いでしょう。
計算の仕方については、固定資産税の評価額に税率を掛け合わせた金額を支払うことになり税率は1.4%です。固定資産については、3年に1回は見直します。長く住んでいる場合においては、税金の支払いについて大変になってしまうこともあります。ですので、税理士などに相談をして解決するようにしておいたほうが良いでしょう。
注意点としては、不動産を取得して最初に支払うときには設備面で必要がない設備はあまりつけないほうが良いでしょう。これは、評価額を上げることを防ぐためです。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>