不動産お役立ち情報サイト

不動産投資しているテナントのテナント空室対策

不動産投資しているテナントのテナント空室対策 不動産は、定住目的で所有している場合には固定資産税が大変になることもあります。
固定資産税とは、固定資産の所有者に課税される地方税のことを指します。
賃貸マンションに住んでいる人は支払う必要はなく、家主が支払うことになります。
毎年1月1日時点で不動産を所有している人が納税義務者となります。
支払いの期日は、年4回に分かれており4回に分けて支払います。
具体的な期日については、各市町村の自治体によって違いますので問い合わせを行っておいたほうが良いでしょう。
計算の仕方については、固定資産税の評価額に税率を掛け合わせた金額を支払うことになり税率は1.4%です。
固定資産については、3年に1回は見直します。
長く住んでいる場合においては、税金の支払いについて大変になってしまうこともあります。
ですので、税理士などに相談をして解決するようにしておいたほうが良いでしょう。
注意点としては、不動産を取得して最初に支払うときには設備面で必要がない設備はあまりつけないほうが良いでしょう。
これは、評価額を上げることを防ぐためです。

不動産に付加価値をつけていく

不動産に付加価値をつけていく 賃貸店舗、賃貸オフィスビルなどの不動産オーナーにとっては、毎月の家賃収入が主な収入源となるので、空室の発生は大きなダメージとなってしまいます。
テナント空室対策をしっかりと施しておくことが非常に重要ですが、まずは、近隣の賃料相場の動向をしっかりと理解し、自分が所有している賃貸不動産の賃料設定が適切かどうかを随時確認することが必要です。
賃料設定が近隣の同程度のオフィスビルやテナントと比べて割高に設定されていると、現在入っている事務所や店舗が移転してしまう可能性があります。
空室発生を防ぐためには、今入っている店子を大切にすることが重要です。
建物は経年によっていたるところが劣化してしまうので、近隣の建物と比べて、劣化損傷により魅力がなくなると、空室が発生してしまうリスクが高まってしまいます。
継続的な賃料収入を確保していくためには、所有不動産の修繕やリニューアルなどの投資もしっかりと行うことが重要です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>